看護師 産休 育児休暇 給与

赤ちゃんがいる看護師さんが転職や再就職をするときにチェックしたいこと

赤ちゃんのいる看護師さん

赤ちゃんや生まれたばかりの乳幼児がいるママさん看護師さんの場合、産休・育児休暇をもらえば社会保険を活用して、長期間お休みが貰えます!

 

育児休暇についての勤務や給与の支払いについてはこちら
育児休業の期間中には、勤務の実態に基づき給与は支給されないか減額されるが、それを補うものとして育児休業基本給付金育児休業者職場復帰給付金の支給を受けることができる。休業は法律により定められている労働者の権利であるため、事業所に規定が無い場合でも、申し出により休業することは可能であり、問題がある場合には事業所に対して労働局雇用均等室からの助言・指導・勧告がなされる。

 

支払われる育児休業基本給付金の金額は、休業開始時の30%相当額(休業期間中の賃金が休業時の50%を超える場合には、賃金と給付額の合計が休業開始時の80%に達するまで)である。ただし、賃金月額の限度が定められている。
育児休業を終えて職場に復帰した場合には、育児休業者職場復帰給付金が支給される。金額は(休業開始時月額賃金の10%×育児休業基本金の支給月数)で求められる。

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%B2%E5%85%90%E4%BC%91%E6%A5%AD
(20120717現在のWiKI情報です。)

 

育児休業の期間等についてはコチラ
育児休業は、子が1歳に達するまでの間に取得することができる(法5条1項柱書本文)。産後休業期間(出産日の翌日から8週間)は含まない。ただし、次のいずれかの事情がある場合には、1歳6か月まで取得できる(同条3項)。

 

保育所に入所を希望し、申込みをしているが、入所できない場合(規則4条の2第1号)
子の養育を行っている配偶者が、やむを得ない事情で養育が困難となった場合(同条2号各号)また、配偶者と交替する形で育児休業を取得することができる。ただし、1人の子について1回限りしか育児休業を取得できない。

 

病院やクリニック等によって独自の体制をとっていることもあります!

ライフスタイルに合った転職を

育児休業、育児休暇についても国の定めて規定に基づきますが、病院やクリニック等によって独自の体制をとっている場合や一時金、手当等ある場合もあります。

 

看護師はやはり女性が多く、ママさん看護師が働きやすいように出産前後や育児休暇中の体制を充実させている病院やクリニックは多いようです。
特に子育てをしながら柔軟な労働体系、労働条件で働きたい女性看護師さんで転職や復職、再就職を考えている場合は、よく求人情報をチェックするとよいでしょう。

 

当サイトで紹介している看護師求人サイトはいずれもコーディネーター、コンサルタントに自分の働き方の希望や勤務地、労働時間を伝えればその希望に応じた病院やクリニック、職場を提案してくれます。

 

自分で探すよりも楽ですし、数社の提案をだしてくれますので、非常に利用しやすいですよ!

 

当然ですが、会員登録や求人登録においての費用や出費は無料です!